認定校資格とは?

専門性を活かして自宅や近くのシェアオフィスなどで
お教室を開きたいと思っている方へ。
ホリスティックビューティ検定2級の
対策講座を実施できる認定校制度

例えば、アロマやハーブ関係、薬剤師や看護師の方、心理関係の方、美容や健康関連にお勤め、その他の代替療法のセラピストなど。
現在お持ちのスキルを生かして、ご自分のライフスタイルに合ったビジネスを形作っていきたい方、ご主人が転勤族なのでフレキシブルでいたい、育児をしつつ開業したいという展望をお持ちの方は、ぜひご検討ください。

認定校とは
当協会の理念を理解し、協会が主催するホリスティックビューティ検定2級の対策講座を実施できる教育機関や個人スクールです。
認定校は、協会が定める規約に基づく運営を行い、協会カリキュラムに基づく一定の教育水準を実現することにより、資格認定の普及の一部を担うことができます。

認定校一覧
現在、名古屋、大阪、広島、福岡に、計5校の認定校がございます。

認定校の役割
協会カリキュラムに基づく2級アドバイザーコース対策講座の実施するとともに、受講者の集客を行い、ホリスティックビューティの啓蒙活動の一部を担います。
※当協会が行うのは「講座」の認定です。認定校が運営する個人および法人の財務・経営状況その他を認定保障するものではありません。
※認定校は、受講者および他認定校の関係者からのクレームおよび紛争の発生に対して、自己の責任において適切に対処しなければなりません。

認定校申請条件
下記いずれかの資格を有していること。
① ホリスティックビューティ検定1級インストラクター資格取得者
② スクールを運営しており、スクールでの教授経験・実務経験を原則として2年以上有している、ホリスティックビューティ検定2級合格者
③ ①・②のいずれかを満たす者が属する法人
※認定校講座までにホリスティックビューティ検定2級の合格資格が必要となります。

認定校基準
協会が定める規約に基づく運営を行い、協会カリキュラムに基づく一定の教育水準を満たす必要があります。詳細は申請後にお送りする認定校規約をご参照ください。

(1)テキストは2級公式テキストを購入すること。
(2)対策講座は10科目・最低講座時間14時間を満たすこと。
(3)講師の水準は認定校が責任を持ってマネジメントすること。
(4)対策講座を実施する際の会場費やその他諸経費は認定校負担とすること。
(5)講座費用は協会基準に則り、認定校で設定ができる。
(6)検定試験は協会が実施する。
など当協会が定める認定校規約に準じます。
※公式テキストや協会で提供する資料の複製や販売は厳禁とする。
※ホリスティックビューティ検定は商標登録証を取得済です。

認定校講座・試験
認定校となるには、協会の主催する認定校講座を受講し、試験に合格する必要があります。

認定校申請と登録の流れ

認定校申請・認定校講座へのお申込み

協会の審査

講座料のご入金

ホリスティックビューティ概論講座聴講
(受講経験のない方のみ)

認定校講座受講

試験
(課題提出)

合否発表

認定校契約と認定校登録料のご入金

*認定校の登録には登録申請と登録料の納付およびHBA会員登録が必要です。

初年度登録料

入会金3,000円  *個人会員に未入会の方
年会費入会お申込時期が1~6月の方は5,000円
(教室の規模によっては、法人会員の登録料が適用となります。)
入会お申込時期が7~12月の方は2,500円
(教室の規模によっては、法人会員の登録料が適用となります。)
認定校登録料21,000円(税込)
合計入会お申込時期が1~6月の方26,000円
*個人会員に未入会の方は入会金3,000円別途
入会お申込時期が7~12月の方23,500円
*個人会員に未入会の方は入会金3,000円別途

次年度以降更新料

次年度以降に資格継続をご希望の際は、下記のとおりHBA個人会員年会費と資格更新料のお支払いが必要となります。
更新のお手続きにつきましては、毎年12月に郵送にてご案内しております。
アドバイザー資格更新料、またインストラクター資格取得者で認定校登録をされた方は、翌年以降インストラクター資格の更新は不要です。
(認定校のみの更新となります。)

年会費5,000円
更新料21,000円(税込)
合計26,000円

© NPO法人日本ホリスティックビューティ協会

User Login