ホリスティックビューティ概論

ホリスティックとは

ホリスティックとは、全体の、包括的なという意味で、「全体は部分の寄せ集めではない」という哲学的価値観を示す言葉です。

人も動植物も自然環境に生きる者すべては、有機体です。
私たちの体は臓器を寄せ集めてできているわけではありません。
人の美しさも、足が細い、目が大きいなど、ただ見た目の条件を張り付ければかなうというものではありません。

本来美しさは、体の健康と心の健康に根ざしています。
巡りの良い体、みずみずしい感性や生き方などの美意識。そういった背景をもった有機体としての輝きが、肌や表情をつかさどっているからです。

だからこそ、美しさは常に人の全体性を見つめながら追究していく必要があります。また、私たちが生きている環境との調和を見つめながら追究していく必要があります。

そして、ホリスティックな価値観における美しさの追究は、自らだけでなく私たちが関わっている大切な人たちをも幸せにする力があるのです。

ホリスティックビューティの考え方

figure_1

人間美は「スガタ(外見美)」「カラダ(肉体的健康美)」「ココロ(心的健康美、美意識)」の総和。何よりもバランスが大切です。
美しさとは、それらバランスの上に成り立つ、いわば高いレベルの健康です。

ホリスティックビューティの目的

figure_2

ホリスティックビューティの目的は、高次の健康を保ち、人間が本来持つ自然治癒力を機能させて、内側からの真の美しさを引き出すことです。

そのためには日ごろのライフスタイルに、健康を損なわないための工夫や予防策を講じる必要があります。特に、現代は大気や食物の汚染が広がり、多くのものに人の免疫機能を低下させる化学薬品が使用されています。

また、この百年で女性のライフスタイルは大きく変わりました。それに伴う生涯生理回数の激増とホルモンバランスの乱れも社会的な問題です。

体本来の機能を正常に保ち続けるためには、意識してそれらの免疫阻害要因から自己防衛をする必要があります。また、自らの免疫機能をバランスよく働かせるために、強い心身を育む習慣をもつことも大切です。

自分の肌や体や心の状態に深い理解があれば、深刻な病になる前に美と健康を取り戻すことができ、また、何らかの原因で不調を感じたとしても克服しやすくなります。

すべての生物は、生まれた瞬間から死に向かい、どんなに美しいものも老いていきます。
その事実を受け入れつつも、生を充実させるためにホリスティックビューティはあります。
美しさを保つためにする日ごろのケアが、結局は心身の健康を保つことにつながり、ひいては毎日の充実感をもたらすことになると言えます。

ホリスティックビューティの方法

figure_3

ホリスティックビューティはオーダーメイドの美容健康法です。
一生をかけて、普段の衣食住を通じ、どのようにセルフケアをしていけばはつらつとした毎日を送れるのか?をテーマにしています。

最良の美容とは、自らの自然治癒力を働かせるために、必要十分な方法をとることです。過度も不足も、継続的な美の追求や生の充実にはつながりません。

自分の肌や体や心の機能や構造がどうなっていて、何が悩みの根本原因なのか。内なる声を聞くことが最も大切なことであり、そのためには人間そのものについての知識が必要です。

ホリスティックビューティ検定では、テキストや対策講座で人間の肌と体と心の仕組みと働きについて学び、試験を行うことで知識を検証します。
検定の学びを通じてキレイと健康をセルフプロデュースするための知力を手に入れましょう。

© NPO法人日本ホリスティックビューティ協会

User Login